住宅ローンについて

一生ものの買い物である、「住宅」。一括で購入することもできますが、なにせ高額な買い物ですから、ローンを組んで少しずつ返済していく方法を選ぶ人は非常に多いです。この住宅ローン、長きに渡って大きな金額を返済していくものですから、当然ライフプランと照らし合わせて、計画をきちんと組んで進めていくことが必要ですよね。
金額も返済期間もその方法も、いい加減に組んでしまうことによって、今後の人生が大きく揺らいでしまうことになるというもの。事前にプロのコンサルタントをはじめ、家族と、そして自分自身としっかり相談をして、住宅ローンの詳細について決めていくようにするのです。

この「住宅ローン」の決定において、「期間」は非常に大きなシェアを占める問題となります
。 住宅ローンにおける「期間」には、「借入期間」と「返済期間」のふたつがあります。このふたつをきちんと区別し、この期間を賢く設定することで、無駄な利息を支払うことを回避できます。

「借入期間」とは、金融機関とあなたの間で、最大何年間でローンを完済するという約束をする「期間」を言います。

「返済期間」は、あなた自身が何年間でローンを完済すると決める「期間」です。こちらの方が、金融機関と共に決定する借入期間よりも短くなります。

借入期間を可能な限り長く設定し、自分のペースで返済していくことは、多くとられる方法のひとつです。 当サイトでは、このように住宅ローンの期間について説明をします。

Copyright © 2014 住宅ローンの期間について All Rights Reserved.